XMマイクロ口座の活用法。スタンダード口座との比較についても調べてみた

XMマイクロ口座(xm micro)についてまとめました。XMスタンダード口座、XMZero口座と比較して異なる点、また3つの口座の選び方の基準にについても考えてみましょう。

XMマイクロ口座とは

XMマイクロ口座とは、XMの3つの口座タイプのうちの一つで、スタンダード口座と比較して「マイクロな取引」(より小ロットでの取引)ができる口座です。

ロットが小さいので、リスクを抑えることができます。その分リターンも小さくなってしまいます。

マイクロ口座のスプレッドと取引単位

マイクロ口座のスプレッドは、スタンダード口座と同じです。1ロットあたりの取引単位が変わってきます。

スタンダード口座、XMZero口座の1ロットは10万通貨なのに対し、マイクロ口座の1ロットは1000通貨となっています。

XMtradingの最小取引ロットは3つの口座タイプ全て「0.01ロット」のため、マイクロ口座では最小「10通貨」でトレードができるわけです。


ただしMT4,MT5どちらの取引プラットフォームを使うかによって、最小ロットは異なります。MT4の方が小さいロットで取引できます。

・マイクロ口座 : 1ロット=1,000通貨
最小ロット数=0.01(マイクロ)ロット=10通貨 (MT4)
最小ロット数=0.1(マイクロ)ロット=100通貨 (MT5)
最大ロット数=100(マイクロ)ロット=100,000通貨

・スタンダード口座 1ロット=100,000通貨
最小ロット数=0.01(スタンダード)ロット=1,000通貨
最大ロット数=50(スタンダード)ロット=500万通貨

最小ロット「10通貨」ってどれぐらい?

10通貨というと、相場が1pips動いても動くお金は0.1円と極小になります。
仮に、100pipsだとしても10円です。日本国内業者だとほとんどが100通貨が最小となっているので、その10分の1です。損失は少なくてすみますが、その分儲けも少なくなってしまいます。初心者の方でリスクが心配な人には向いています。

マイクロ口座とスタンダード口座は最低入金額が異なる

2つの口座では最低入金額がそれぞれ異なります。

スタンダード口座→100ドル
マイクロ口座は→5ドル

マイクロ口座を選ぶと実に500~600円で取引スタートできます。その分必要証拠金も少なく済むので、初めての人にとっては、利用する価値がある口座です。

デモ口座とリアルマイクロ口座の違いについて

マイクロ口座のロットの小ささは、損失は少なくすみますが、逆に儲けも少なくなります。初心者向けのお試し用としては最適ですし、経験のあるトレーダーでもバックテスト用として活用する人も多いですが、練習と割り切るのであれば「XMデモ口座」という全くお金のかからないデモ口座も存在します。
デモ口座とリアル口座との大きな差は、サーバーの違いです。

サーバ性能が違うことにより、スプレッドも約定率もスリッページもデモとリアル口座とでは数値が変わってきます。

デモ口座では勝てたにもかかわらず、リアル口座では負けてしまう・・、という理由の一つは、サーバーの違いによるものです。

それ以外の理由では、リアルマネーを使っていないので、気持ちがゆるゆるモードのままで、本番トレードになっていないこともあります。

デモトレードだと、いくら負けても懐が痛まないので、エントリーも決済も中途半端。デモトレとリアルトレードは気持ちも本気度も違ってきます。

あとは、マイクロ口座だと少額なので本気になれない、という人もいます。負けても数百円なので懐が痛まないのは、トレードに取り組む気持ちがやはり違ってくるのはある意味仕方ないともいえます。

XMのリアル口座ではマイクロ口座でも「3000円の口座開設ボーナス」がついてくるので、これを利用しましょう。ボーナスだから負けても懐は痛まないし、勝ったら利益分はそのまま出金できるので、実質損になることはありません。

自動売買のバックテストにも使用可能

自動売買(EA)はXMtradingで使うことができます。デモ口座でのバックテストも可能ですが、前述のとおりサーバー環境の違いにより、スリッページ発生などによる異なったトレード結果になるので気を付けましょう。
XMマイクロ口座の最小ロットで運用することにより、最低限のリスクで正確なデータを得られるのがメリットです。
EAのバックテストを行う際はXMマイクロ口座の活用がリスクマネジメントの面で一番有効です。

マイクロとスタンダード口座のどっちを選ぶべきか?

基本的には両方とも同じ口座タイプです。違いが「ロット、pips」「最小、最大ロット」「通貨ペアの表示名」「最低入金額」になりますが、大まかな区分分けでどちらを選択したほうがいいかをみていきましょう。

マイクロ口座がおすすめ
10,000円以下のお試しトレードがしたい
FXビギナー・超初心者
お小遣いを稼ぎたいトレーダー
リスクをなるべく減らしたい
EAのバックテストをしたい

スタンダード口座がおすすめ
50,000円以上で本格トレードがしたい
10万通貨以上でポジションを持ちたい
専業トレーダー
FX以外の株式CFD、コモディティCFDなどトレードチャンスを増やしたい
1ロット = 10万通貨の他社でトレードを行ってきた

XMマイクロ口座まとめ

XMマイクロ口座のメリット、デメリットをみてきました。
マイクロ口座は、扱うロットが小さい分、損失も利益も少ない「ローリスクローリターン口座」だといえます。これをどう捉えるかは、その人のトレードに対する考え方によります。
「ハイレバで利益をガンガン増やしていくのが海外FXの真骨頂だ」という人も多いのですが、それでもビギナーや、手持ちの軍資金のない人にとっては多額のお金は用意できないのが現状でしょう。

大きいロットが不安であれば、最初はマイクロ口座の最小ロットからのスタートも全然アリだと思います。
そしてトレード手法が確立し、MT4やMT5の扱いにも慣れてきてから、追加でスタンダード口座を加えてじょじょにロットをあげればいいでしょう。

慣れないうちは、小さいところからコツコツと始めていくのが、長く続ける秘訣です。マイクロ口座はそういった時には大きな存在感を発揮してくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました