XMのスキャルピングについて

XMでのスキャルピングについてまとめました。

多頻度売買といわれるスキャルピングは投資効率が最も高く、資産を手早く増やすのにはもってこいの手法です。ただXMはスプレッドが広く、スキャには向いていないのでは?と考える人も多いでしょう。

ただ、ボーナスを使って取引コストを抑え、スプレッドを狭くすることも可能です。また、スキャルピングOKとなっているので、口座凍結に怯えることなく、堂々とトレードできます。XMにおけるスキャルピングの不安を払しょくしていきましょう。

XMはスキャルピングOK!禁止はしていない

スキャルパーはその業者がスキャルピング可能かどうかを知っておく必要があります。国内FX業者では多くが禁止としていますし、海外FX業者でもスキャル不可としている会社もあります。また規約に書いていなくても、多頻度売買をよく思っていない会社もけっこうあるのです。

それらの会社に口座を開いてスキャルピングをはじめると、口座凍結、取引停止措置を取られるケースもあります。この点XMtradingははっきりとスキャルピングOKと明言しています。これらの取引での規約違反や口座凍結にはならないためトレーダーは安心して取引ができるわけです。

公式サイトには下記の記述があります。

Q,スキャルピングを認めていますか?
A,はい、認めています。

公式サイトで明言されているので、全く問題ないです。保有時間制限事項もないため、秒スキャルも大丈夫です。

EA・自動売買での取引も可

XMでは、EAなどプログラムでの自動売買も容認しています。それがスキャルピングのような多頻度売買であっても、XMのMT4・MT5上に置いて作動させることに何の問題もありません。

スキャルピングに伴う禁止事項はあり

XMでのスキャルピングにおける禁止事項は5つあります。

1、XMに複数の口座を作ってその口座間での両建て

2、他の業者を使っておこなう両建て

3、グループ間での複数人の口座を利用する両建て

4、裁定取引(アービトラージ)の禁止

5、接続遅延を悪用した取引行為

以上5点ですが、これはデイトレードやスイングトレードとも共通する規約で、他社でも禁止事項として約款に書かれています。

XMでのスキャルピングのメリット4点

それでは、XMで超短期売買を行うことのメリットをあげてみます。

1、約定力が高い

XMでは全注文の99.35%が1秒以内に約定します。「スベリ」がないので、ちょっとした利益の差が回数が増えるにつれて大きくなります。

2、ハイレバレッジでトレードできる

スタンダード口座は888倍、XMゼロ口座でも500倍でのハイレバが可能です。国内業者の25倍と比較すると圧倒的優位になります。

3、MT5が使える

メタトレーダー5はMT4の後継機種で今後世界シェアトップのツールになると予想されています。MT5になってMT4よりもキビキビ感が増し、反応も早くなってきました。XMはMT5をいち早く採用しています。

4、ボーナスが使える

口座開設ボーナス、入金ボーナス、XMポイントももちろん使える。ボーナスをうまく活用するとXMのスプレッドは実質的にもっと狭くなるのです。

 

XMスキャルピングのデメリットはスプレッド

XM自体は取引を禁止していないため、スキャルピングトレードはOKですが、XMはデイトレード、スイングトレードに向いている会社です。

スプレッドが他社よりも若干広いのだが、これがスキャルピングを行う上ではやや厳しいです。スタンダード口座、マイクロ口座では秒スキャは難しいといわれるのはそれが原因です。

XMゼロ口座であれば可能

スプレッドが狭くなく、スキャルピングに適した口座を作ってほしい、というのが多くのトレーダーの願いでしたが、その声に応える形でリリースしたのが、「XMzero口座」です。

文字通りスプレッドがゼロに近くなる口座です。(ただし手数料が上乗せされる)

XMゼロ口座であれば、スプレッドがより狭くなるため、XMユーザーでも多くの人がスキャルピングを行うようになりました。。

ゼロ口座・スタンダード口座どっちがおすすめ?

XMの口座は複数あって、どれを選べばいいのか分からない・・、とかんがえるかもしれません。スタンダード口座とXMzeroのどっちがいいか?といわれたら、XMzero口座がスキャにはおすすめです。

スタンダードよりもゼロ口座を使うことのメリット

・スプレッドが狭い
マイクロやスタンダード口座よりもスプレッドが狭いです。名前の通りゼロの場合もあります。スプレッドは取引手数料の一部となるので、デイトレ、スイングトレードと比較してもトレード回数が増えるスキャルピングは手数料を抑えることが絶対条件となります。それを考えるとスプレッドが狭いのは選ぶポイントとして重要です。

またゼロ口座は、雇用統計発表時などスプレッドが広がりがちな局面でも、それほど大きなスプレッドになることはありません。

・手数料があっても、トータルコストはスタンダード口座よりも得
XMゼロ口座の場合、スプレッドが狭い代わりに手数料がかかるので、結局高くつくのでは・・と考えている人も多いが、比較すると、トータルコストではゼロ口座の方がほとんどの通貨ペアで安くなります。

・手数料を経費にできるので納税時に有利
XM Zero口座の取引手数料は、ターミナル画面部に金額が明示されています。
これは取引履歴として出力できるということです。確定申告では手数料を「必要経費」として計上して、所得金額からの控除も可能になるわけです。

スキャルピングは回数が多い分、手数料も比例して高くなるので、それを利益分から控除できるのは、納税面で有利になります。これがスタンダード、マイクロ口座のスプレッドだと金額表示がないので、必要経費として計上できません。

・ECN方式採用
ZERO口座はECNという透明性が高い取引環境下で運用されています。イーシーエヌとは「Electronic Communication Network」の略で、投資家からの注文同士が、コンピュータで最適化されるので、結果として一番狭いスプレッドで取引ができる。

デメリット

ゼロ口座のデメリットは以下の通りです
・レバレッジが500倍
レバレッジが500倍がMAXとなる。スタンダード、マイクロ口座の888倍と比較すると劣りますが、それでも国内業者の25倍と比べれば断然高いです。

・入金ボーナス、XMポイントがない
XMといえばボーナスですが、ZERO口座だと入金ボーナス、XMPがつきません。

XMスタンダード口座でスキャルピングするトレーダーも結構多い

じゃあ「XMスキャルピングはゼロ口座に限られるの?」と感じるかもしれませんが、実態は、スタンダード口座、マイクロ口座でスキャルを行っている人も多いです。
「口座を複数作るのは管理面で大変」
「ボーナスを有効活用したいからスタンダード一択」
「デイトレ、スイングメインだがスキャルピングはたまに行う程度」

という人は、スタンダード口座でスキャルピングを行うことが多いです。

スプレッドで考えれば、Axiory,TitanFXの選択肢も

スプレッドをもっと狭くしたい、僅かな経費でも抑えたい、と考えているのであれば、Axiory,TitanFXといったところがあります。titanfxはスプレッド特化のブローカーです。Axioryはスキャルピングと相性のいい「cTrader」採用の為人気があります。

XMのスキャルピングまとめ

XMはNDD業者であることからスキャルピングを禁止していないので、堂々とトレードすることができます。懸念であったスプレッドの広さもXMゼロ口座のリリースによって解決できました。

既にエックスエムの口座を持っていて、他社の口座を新たに作りたくない人は、追加でXMzero口座を開設することができます。他社にも魅力的なスペックは最近増えてきましたが、業界最大手のXMブランドはやはり今でも強力です。

アキシオリーやタイタンFXなどスプレッドの面で魅力のある会社、FXGTのようにスプレッドが狭く仮想通貨も取引できる会社も増えてきてトレーダーにも選択肢は増えつつあります。

タイトルとURLをコピーしました