XMをiphoneで使う方法

最近のトレードはPCなしで、という人も多いようです。パソコンに張り付くことなしに、外出先で気軽にチェック出来たら、という夢の今では可能です。XMはiphoneで取引をすることができます。ここでは、XMでのトレードをiphoneで行う方法についてまとめました。

XMはiphoneでトレード完結できる

iPhoneでXMを使う方法として、アプリをダウンロードして使います。

XMでは、以下の3種類のアプリをiPhoneで使うことができます。

・MT4アプリ:トレードのみ
・MT5アプリ:トレードのみ
・公式XMアプリ:口座管理・トレード(MT5)

MT4、MT5アプリは、XMのトレード限定での利用となります。

対する公式XMアプリは、トレードと口座管理もできます。
ただし、XMアプリでは、MT4でトレードはできず、MT5で取引します。

MT4口座だと、公式XMアプリのトレード画面へログインできず「MT4はサポート対象外」とポップアップ表示がでてきます。

iPhoneにトレードは、MT5で行うものだと理解しておきましょう。

MT4メインで使っていた人も、今後はMT5が中心になってくることを踏まえて、早めの移行が望ましいでしょう。

MT4ユーザーはトレードは公式アプリではできませんが、口座管理については、公式XMアプリが使えます。

結局どのアプリがいいのか?


iPhoneで使えるアプリは、MT4・MT5・公式XMアプリの3種類です。

基本的には、トレードであればどのアプリを使っても動作は問題なく行えますし、

動きにも違いはありません。

動作が遅かったり、サクサク動かずもっさりしている、反応が鈍い、というのは、iphoneの性能の問題で、アプリは関係ありません。

MT4とMT5アプリについてはトレードツールとしての機能やスペックが異なるものの、アプリの性能としては同じであるため、iPhoneでの使い方もほぼ同じです。

チャートに目を移すと、チャートの種類・時間足・ワンタッチ注文・ポジション状況確認もほぼ同じです。


ではMT4・MT5と公式XMアプリの3種類の違いにはどういったものがあるのでしょうか。

■MT4・MT5アプリの特徴

MT4とMT5アプリは、メタクオーツ社が管理をしており、多くの会社で公式採用されているトレード専用iphoneアプリです。
トレードツールとしてのアプリの為、MT4、MT5を採用している会社で使うことができます。

口座管理、資金管理は未対応なので、トレードと口座管理のアプリを2つ使わなければいけないのがデメリットです。

MT4、MT5アプリはトレード特化型と考えればいいでしょう。

入金・出金:×
資金移動:×
追加口座の開設:×
インディケーターの設定:〇
オブジェクトの設定:〇
他業者への対応:〇
MT4は長年培ってきた豊富なインジケータが存在、MT5動作スピード向上、使いやすさのアップなどが優位性としてあげられます。

公式XMアプリの特徴

公式XMアプリはトレードをはじめとして、資金の入金・出金・資金振替、追加口座開設までiPhoneだけで完結できます。PCがなくても、公式アプリで多くのことができるようになります。

公式アプリはオールインワンタイプということができます。ただしトレードはMT5のみとなるので、MT4口座だけ保有のユーザーは、トレードができません。

入金・出金:〇
資金移動:〇
追加口座の開設:〇
インディケーターの設定:横画面対応
オブジェクトの設定:横画面対応
他業者への対応:×

公式アプリは不具合は時々発生したり、トレードスピードがそれほどでもなかったり、インジケーターが見づらいなど、上級者にとっては、それほど評判がよいわけではありませんが、初心者にも取り組みやすく、トレードを誰でも簡単に始めることができるようにしたという点では、XMアプリは評価されるべきものでしょう。

XMをiphoneで使う方法まとめ

XMをアイフォンで使う方法を述べてきました。もちろんパソコンでインジケータを駆使してトレードに没頭するのもいいですが、外出先でいつでもチャートをみることができ、エントリーも決済も自由自在にできるのは、iphoneならではです。今後はますますこういったトレードスタイルが主流になっていくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました