XMアプリの使い方

昔はPCでのトレードが当たり前だったのが、今ではスマホメインでのトレードする人も急増しています。場所にとらわれなくなったことはとても大きな進化だといえます。

XMでもスマホアプリがあるので、スマートフォンでのトレードはできます。
MT4、MT5、XM公式の3種類のアプリがあります。

ただこの3種類でどれを使えばいいか、悩む人も多いでしょう。

ここではアプリのそれぞれの特徴を解説しました。

XMトレード用のアプリは3種類


XMで利用できるアプリは3種類あります。

1、XM公式サプリ
2、MT4アプリ
3、MT5アプリ

1、XM公式アプリの特徴

XM公式アプリは、XMトレーディングが自ら提供しているオリジナルアプリです。

MT5口座でのみトレードが可能
入金・出金の管理ができる
レバレッジ変更可能
ポジションの確認ができる
アプリから直接「会員ページ」にアクセスでき、入金や出金、レバレッジの変更などができます。
FXトレードも可能ですが、対応しているのはMT5口座のみです。
まだMT4の方が多いのですが、MT4ユーザーはトレードできません。
これを機にMT5にするように、というきっかけを与えているのかもしれません。

FXトレードであれば、XM公式、MT4、MT5のどれでも可能ですが、公式サプリは若干使いづらいです。

「会員ページ」へのアクセスできるのは公式の強みですが、PCからでもログインできるので、必要性を感じないという人が多数です。
XM公式アプリは、App StoreかGoogle Playからダウンロードできます。

特にXMアプリが絶対に必要という感じではありません。

2、MT4アプリの特徴

MT4アプリは一番利用者が多いです。

対応している海外FX業者がダントツで多い
注文・通貨ペア切り替えの手間が多い
MT5よりもタイムラグがあり反応が遅い
自動売買はできない
MT4アプリは、対応しているFX業者数が圧倒的に多いのがメリットです。FX業者はたくさんありますので、XM以外にも試してみたいブローカーを使ってみるのもおすすめです。

MT5と比較されますが、サクサク感は後継のMT5の方が上です。スイングトレード、デイトレードだったら問題ありませんが、1分足を使うスキャルピングは厳しいでしょう。

MT4アプリはEA(自動売買)に対応しておらず、パソコン版のMT4でのみ対応となっています。

3、MT5アプリの特徴

MT4の後継のMT5アプリは最近人気が高まってきました。
XMはMT4、MT5両方使えどちらとも対応できます。

対応している海外FX業者がまだ多くない
ワンタップ注文可能
通貨ペア切り替えで、画面移動がいらない
タイムラグが少なく、サクサク感がある

MT5アプリは、動作が快適なのがメリットです。
注文や通貨ペア切り替えもスピーディにできるので、余計な時間のロスがありません。MT5に対応している海外FX業者はMT4よりも少ないですが、最近では増えてきました。

新XMスマートフォンアプリ公開

2020/6/3からXMTrading公式サプリの新しいバージョンが公開されました。旧タイプと比較すると細かいマイナーチェンジに留まっており、特に動きが早くなったとか、ユーザビリティに優れている、という感じではありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました