XMの注文方法について

XMの注文方法及び、注文方式について解説しました。MT4とMT5の2つのプラットフォームがありますが、基本的な使い方は同じになっているものの、呼び方や注文のやり方が少し異なっているので、どちらを使うにせよ、正しい使用方法をマスターしておく必要があります。

XMの注文方法は2種類

XMの注文方法の基本は2種類あります。

・成行注文・・・市場の成行に任せた注文法

・指値注文・・・希望売却価格を指定する注文法

XMでは取引プラットフォームとしてMT4とMT5のどちらかを選択しますが、MT5を選択すると特別な注文方法を行えます。

また、同じ取引方法でもMT4、MT5では呼び方が異なるものもあります。そしてPC版とスマホアプリ版で少し仕様が異なっているので、MT4からMT5に移行した人は最初戸惑うかもしれません。

XM-MT4の注文方法

XMでMT4を使う場合に利用できる注文方法です。

・成行注文 ・指値注文・・・Buy Limit、Sell Limit、Buy Stop、Sell Stop 指値注文には「Limit」と「Stop」の2種類があります。

リミットは自分に有利な価格を指定する指値の注文です。現在の市場価格より安い価格を指定した買い注文などもそうです。売り注文は現在価格より高い価格での注文です。

ストップは「市場価格より高い価格指定の買い注文」など不利な価格を指定です。

他社では「逆指値」や「ストップ注文」といっていますが、それと同じです。

Limitは指値、Stopは逆指値となります。

Aの注文種別で指値注文を選び、Bでさらに細かく分類された注文方法が選べます。

「ストップレベル」または「幅」と呼ばれ、10ポイント=1pipsを意味します。

XM-MT5の注文方法

XM-MT5の場合の注文方法MT4と共通点が多いので、慣れている人にとっては難しくはないでしょう。

ここでも指値注文と成行注文の2つがメインのオーダー方法となります。

XMMT5の注文方法1・指値注文

Aで指値注文を選べばBで詳細な注文方法が選べます。

MT4との違いは、MT5では「 Stop Limit」があることです。

逆指値(Stop)の指値(Limit)と相反した言葉が続くのはどうしてでしょうか。

これは「指値」があくまで指定価格にとっての上下を表すだけで、注文方法自体の言葉ではないのです。

XMでいう「ストップリミット」は、「ストップ価格になると指値注文が有効になる」という意味です。

例をあげると、市場価格がAになるとBの指値注文が有効となります。

そして、Aには現在価格より不利な価格(=逆指値=Stop)が指定されるので、Stop Limitという呼び方になっています。

XMMT5の注文方法2・成行注文

続いて成行注文です。XM-MT5では成行注文ではなく、カウントダウン注文という名称になっています。

FX注文では成行注文は「カウントダウン注文」と「ストリーミング注文」の2つに分かれます。

・カウントダウン注文・・・絶対に市場価格で約定する

・ストリーミング注文・・・注文ウィンドウに表示されている価格で約定する

市場価格は常に変化するので、注文ボタンを押したタイミングの実際の市場価格と注文ウィンドウに表示されている価格が異なるケースがあります。

その価格の乖離を許容するかしないかがカウントダウン注文とストリーミング注文の違いとなります。

XMはカウントダウン注文なので、市場価格と乖離していても成行注文であっても必ず約定されす。

この注文方法には、長所も短所もあって、希望価格で約定しないというのがデメリット、注文が成立しないときの利益やロスカットのタイミングを逃す心配がないのがメリットです。

XM-MT5の注文ウィンドウにはストップレベルの表記がありませんが、表記がないだけでストップレベルはあります。

気配値ウィンドウから通貨ペアの仕様を確認することで確認可能です。

注文ボタンがクリックできないことがありますが、ストップレベル内で指値をしていないか、確認してみるといいです。

スマホアプリ版での注文方法

PCだけでなく、スマートフォンでのトレードももちろん可能です。

スマホアプリをインストールすることで、取引できます。基本的な注文方法はPC版と同じですが、使い勝手に慣れていないと戸惑う点もあるかもしれません。

XMの注文方式はなんですか?  

XMの注文方式は口座の種類によって異なります。XMのマイクロ口座およびスタンダード口座は、NDD (ノンディーリングデスク)の注文方式を採用ですが、XMのZero口座の場合はECN (電子通信ネットワーク)の注文方式を採用しています。

XMの注文方法まとめ

XMの注文方法(取引方法)は成行注文と指値注文がメインです。

指値注文はさらに「~Limit」「~Stop」「~Stop Limit」の3種類があります。この中でも、「~Stop Limit」はMT5のみで使える注文方法です。

MT4では注文ウィンドウにストップレベルの表記があるのに対して、MT5では通貨ペアを確認してストップレベルを見るなど細かい部分が違っています。

最近はXMでもMT4からMT5にプラットフォームを変更する人が多いので、この微妙な違いに戸惑われることもあるようです。一度慣れてしまえば、悩むことなく使いこなせるようになるので、早めにMT5に触れておいたほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました