XMは日経225も取引可能

XMでは日経225を取引することができます。

ほとんどのトレーダーは為替取引(FX)がメインにしていますが、XMの取引できるものは多岐に渡り、nikkei225や株式指数や、CFD商品もトレードできるのです。

日経225を学ぶことは大きなメリットがあります。株式、経済にも連動しているので、メインで行っていたFXトレードにもプラスの影響を与えるでしょう。

XMで扱える日経225とは?

日経225とは日経平均株価、つまり株式指数のことをいいます。海外のニューヨーク市場、ロンドン市場ではN225と表記されます。東京証券取引所第一部の上場銘柄は約2000銘柄ですが、そこから225銘柄の平均を対象にしているため日経225といいます。

225銘柄は日本株全体の顔ともいえ、株式市場全体の値動き推移を示すため、株式指数(インデックス)とも呼ばれています。日経平均は比較的ドル円と連動して動くことが多ので、nikkei225を学ぶことでドル円トレードにも活かせるようになります。

日経225は2つの種類(現物・先物)がある

単に日経225といわれるが、大きく分けて2種類あります。それは、「現物」と「先物」です。XMtradingでも両方取り扱いがあり、先物はJP225、現物はJP225cashと表示されています。

日経225先物と現物の違い

日経225先物と現物では共通点と相違点があります。各々の違いについてまとめました。

日経225先物

先物取引とは、「将来のある時期の価格をあらかじめ決めて売買する」取引方法です。「先」に「物」を売買する権利を「取引」するといえば、分かりやすいだろう。

いわゆる「サキモノ」といわれる、先物取引についていいイメージを持つ人はいないでしょう。昔は詐欺犯罪の温床ともいえる場所でした。漫画「ナニワ金融道」には、先物取引にはまって、家庭崩壊していく教頭先生が登場しましたし、グローバリー問題や豊田商事事件といった歴史に残るような事件もありました。

昔のイメージは悪徳商法の一つとして最悪でしたが、本来の先物取引はコーンやココア、金、銀、石油など相場の安定をはかる上では欠かせないものですし、投資にしても正しく行うことで利益はちゃんと得られます。

 

XM225先物の特徴

日経225先物は正しい取引で大きな利益が得られますが、当然リスクもあります。

ある商品を100万円で売る契約をした場合、期限になったら、相場がどうなっていようと必ず100万円で売らなくてはいけません。

その商品が、市場価格180万円でも、逆に20万円であっても関係なく、最初にけいやくした価格で売買されます。リスクもリターンも大きいのです。

先物には取引期限が存在するのもFXや株式と異なる点です。

株式の場合、該当会社が倒産しない限りは、株式を持ちつづけていられますし、FXは通貨取引なので、資本主義が続いてその通貨が存在する限り、原則持ち続けることができます。

しかし日経225先物取引の場合は、半年や1年といった期限を定めての取引のため、その期日を迎えると強制決済となってしまうのです。

日経225現物

現物取引は私たちが毎日行っている買い物と同じなのでイメージしやすいです。
スーパーに入って卵を手に取ってレジに持っていき、お金と引き換えに卵を手にする感じです。物とお金の直接交換なので、現物取引といいます。

日経225現物は、その時の相場での取引なので、自分が所持している資産内での取引となります。

レバレッジが掛けられないので、ローリスクでのコツコツ利益型となります。慎重派には現物が向いているでしょう。

XMで日経225取引で稼ぐには

XMには、FX以外にも株式、商品など多岐にわたっており、どれから取り組めばいいか分からない、と感じる人も多いでしょう。最初はドル円などメジャー通貨ペアをおすすめしますが、日経225は他の取引と比較して取り組みやすいです。

理由はとしては・XMと同じ口座で取引可能。・スプレッドが狭い、・レバレッジ200倍かけられるという点です。

・XMと同じ口座で取引できる。

XMを使っている人は、メタトレーダーMT4、MT5の扱いはお手の物でしょう。新たに口座を開設しなくてもいいし、国内業者のように借金の心配をしたり追証を怖がる必要もありません。世界トップシェアのプラットフォームで取引でき、ハイレバ可能で、ゼロカットシステムがあることは強みです。

・スプレッドが狭い

XMの中では、ドル円、ユーロドルのスプレッドが標準的ですが、日経225はCFDの中では、けっこう狭い部類に入ります。特に現物は時間帯によってはドル円よりも狭くなることがあります。他のCFD関連はやや広いので、XMで取り組むのであれば、現物がおすすめです。

・レバレッジ200倍

XMといえば888倍ハイレバが売りだが、nikkei225については、200倍となる。888倍の通貨トレードを行っている人は少し物足りないかもしれませんが、それでも国内業者と比較すると断然ハイレバレッジです。200倍なので、証拠金も少なく済みます。

取引時間

日経225は取引時間が異なります。
FXは月曜日から金曜日まで5日間24時間取引可能ですが、日経225では平日で1:05~23:15、23:30~23:55までが取引時間です。

季節変更もあり、冬時間と夏時間で市場の開く時間帯が1時間前後します。
日経225は、冬時間「月曜日07:05~土曜日05:10」、夏時間「月曜日06:05~土曜日04:10」が取引できる時間帯になるので注意しましょう。

日経225の証拠金の計算式

XMの証拠金計算ツールは約に立ちますが、残念ながら通貨ペアだけしか計算できません。日経225、CFD商品は通貨ペアとは計算方法が異なります。

・CFD商品計算式
必要証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

XM日経225で勝つ方法

日経225のチャートは、はっきりとしていてわかりやすいです。 トレンド発生時は天井や底まで同方向に一直線に進むケースが多いです。
原油や金はのようにファンダメンタルでの想定外の値動きも少なく、マイナー通貨のように理解できない動きもほぼありません。

また、CFDは差金決済取引(証拠金取引)なので、現物でも売りから入れます。XMでは日経225を取引する最小単位は1lotからとなります。


現物取引(N225Cash)の特徴
・スプレッドが狭いので、スキャルピングやデイトレといった短期トレードが可能でスキャルパーに人気が高いです。

先物取引(N225)の特徴
・スプレッドは現物の倍となるので短期売買が厳しくなりますが、レバレッジが効く分少ない証拠金でトレード可能です。

日経225取引のFAQ

Q,XMの日経225のレバレッジは何倍?
A,最大レバレッジ200倍です。他社にもnikkei225(CFD)取引できる会社は複数あるので、レバレッジを比較してみましょう。
XM :200倍、TitanFX:100倍、AXIORY :50倍、FX Pro :5~50倍、Hot Forex:5倍
dmm.fx :10倍(国内業者)
XMtradingのレバレッジがトップなので、XMの優位性が改めて実感できると思います。

Q,XMの日経225の取引手数料は?
A,取引手数料はなく、代わりにスプレッドがコストとなります。日経225先物は24円/lot、日経225現物は12円/lot。

Q,nikkei225の最低取引ロット数は?
A,XMの最低取引ロット数は1ロットと大きく通貨ペアとは異なります。日経225が1万円なら50円から取引できます。

Q,XMを使うメリットについて
A,XMの優位性は様々あります。ゼロカットシステム採用で追証がない、豊富なボーナスが使える、FX取引と同じ口座、同じ画面で取引できるので、新たな口座開設の必要がなく通貨ペア取引も併せてできることなどあげられます。デメリットよりもメリットの方が断然多くなります。

XMの日経225取引まとめ

CFD取引の中では、日経225は動きが分かりやすくおすすめできるものです。
先物取引は昔のイメージが先行していて、詐欺や悪徳商法を連想する人も多いでしょうが、先物自体は悪ではありません。正しくトレードとして取り組むことで、勝てるようになります。

初心者は、ドル円などのメジャー通貨ペアからスタートし、慣れてきたら、視野を広げる意味でも検討するといいでしょう。取引対象を広げるのはトレードチャンスが増えることにもつながります。

タイトルとURLをコピーしました